Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tamsuikei.blog136.fc2.com/tb.php/39-47e3b1e1

トラックバック

コメント

[C62]

おもしろいー!てらっていい名前
  • 2011-02-05 10:07
  • ふじやま
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

テラリウムってなんだ!!? その1

(前回からのあらすじ)
色々な社内的な事情もあり水を満たさない「テラリウム」という
全くの新境地に挑戦してみることとなった水景部。
しかし、研究不足から水は濁る一方。やむなくいったん水を撤去することに。
そもそも、「テラリウム」の定義ってなんなの?
ということで、調べてみました「テラリウム」
教えて教えて、ウィキペディア!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

テラリウム (Terrarium) とは陸上の生物(主に植物や小動物)をガラス容器などで飼育・栽培する技術である。
(引用:ウィキペディア)

調べてみたところ、テラリウムの発祥は
19世紀、ロンドンのナサニエル・バグショー・ウォードという外科医が
スズメガのさなぎと一緒に腐葉土をガラス容器に入れていいたところ
数ヵ月後に種や胞子が勝手に発芽していたという
偶然の出来事から発明されました。

「ガラス容器の中で植物を育てる!」

この画期的な方法をとることで
汚染された環境でも植物を育て、
遠隔地からの運搬の成功率もぐんと上がり
手間もかからなくなる!

当時の王侯貴族の間では
はるか南方の未開の地から
めずらしい植物を入手しする事が
ひとつのステータスであり
そうではない、一般人の間でも
園芸や庭園を楽しむようになっていました。

そうした人々のあいだでもテラリウムはもてはやされ
見知らぬ南方のエキゾチックな熱帯性の植物を栽培する楽しみが
浸透されていくようになったのです。


ウォードの箱」ウォードが1829年頃に発明したガラス器(via wikipedia)


いつの世でも偉大な発明は
ひょんな事から生まれてくるものですね。

つまり、テラリウムはガラスの中で
本来植物が求める環境を作り上げる
もうひとつのテラ(地球)を
つくるっちゅうことなのでしょうか。

余談ですが
ダウンタウン松本人志の娘の名前も「てら」らしいですね。
ふ~む、、感慨深い物があります。

テラリウム、テラリウム、、


文字文字になっちゃいましたが
もう少し、この話続けさせていただきます!


次回に続く

水景部部員 はやし

ポちっとお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tamsuikei.blog136.fc2.com/tb.php/39-47e3b1e1

トラックバック

コメント

[C62]

おもしろいー!てらっていい名前
  • 2011-02-05 10:07
  • ふじやま
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TAM水景部部員

Author:TAM水景部部員
web制作会社TAM水景部
CAJ
日々修行中

Appendix

TAM水景部生中継!

Twitter...

TAM水景部 Reload

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FaceBook

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。